cinema



ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して

2015.1.30鑑賞
<ジャンル>ヒューマンドラマ

<監督>アルノー・デプレシャン
<出演>ベニチオ・デル・トロ、マチュー・アマルリック、ジーナ・マッキー

<公開日>2015.1.10 <劇場>京都シネマ http://kokoronokakera.com/

<評価> 期待度……どうやろ? 満足度……こんなもんかぁ

おおきに、黄色い花に春を感じる支配人です。

原作が実話に基づくものは、それがどんなジャンルの作品でも観ておきたい。というわけで、この物語はフランスの民族精神医学の権威であるジョルジュ・ドゥヴルーの著作「夢の分析:或る平原インディアンの精神治療記録」が原案という点のみに魅力を感じて観ることに。
医師と患者として出逢ったふたりの男が、対話を通して心の交流を重ねていく物語。描かれるのは、精神分析という題材から派生する友情という普遍的なテーマ。静かに、だかときにエキセントリックに、ジミーの心の中に潜む闇が焙り出されていく。恐ろしく集中力を必要とする映画という印象で、途中で気が削がれたが最後、その世界観へ戻れない。ゆえに、何度か意識を手放す羽目に……。
他人の心の闇に相対するということは、己の闇を見詰めるということ。
≫Next Prev Review






Cinema Review Top






Top