cinema



『間奏曲はパリで』

 2015.4.18鑑賞

ジャンル:大人のラブストーリー

監督・脚本:マルク・フィトゥシ
出演:イザベル・ユペール、ジャン=ピエール・ダルッサン、ミカエル・ニクヴィスト、ほか

公開日:2015.4.4/劇場:京都シネマ http://kansoukyoku-paris.jp/

【評価】
期待度……とりあえず
満足度……ラスト良し


おおきに、赤色丸型ポストに500円玉貯金をしている支配人です。

変わり映えしない毎日にほんの少しばかり嫌気が差して、ここじゃないどこかへ行きたいと思うのは、旅に出るきっかけとしてはありふれている。学生の頃から「羊飼い」を夢見て、夫と共に牛を育てているブリジットもまた、有名な皮膚科に行くことを口実に、花の都パリでの息抜き(という名のアバンチュール!)を計画する。たった2日のおひとりさまパリ。花どころか恋の都パリ。非日常に乙女心がくすぐられるのも無理はない。
確かに歳のわりには充分に美しい主婦だし(というか夫と同級生って設定、厳しかろう)、モテるのも分からなくはないが、その行動によもやあんな理由があったとは! 倦怠期を迎えた熟年夫婦を見舞う危機をどうやって回避するのか、その結末は見事というほかない。いぶし銀の名優が演じる、無骨で不器用な夫が見せる懐の深さと度量の大きさが、じんわり沁みる美しいラストがすべて、と言ってもいい映画だ。
≫Next Prev Review






Cinema Review Top






Top