cinema



『脳内ポイズンベリー』


おおきに、占いには興味がないのにいつも同じようなことを言われる支配人です。

脳内で繰り広げられる〈ポジティブ〉〈ネガティブ〉〈衝動〉〈記憶〉〈理性〉のドタバタが思った以上にコミカルで、キャラ立ちに成功している。これはキャスティングの勝利に他ならない。
原作は、「失恋ショコラティエ」で注目された水城せとな。いまではすっかり少女マンガ畑だが、彼女はBL出身。初期の単行本「スリーピングビューティ」(残念ながら現在は絶版)は私のBL読歴の中でも5本の指に入る傑作だ。いまなら「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」が必読!
閑話休題。
恋をすると脳内ではいつでも会議が行われる。あーだこーだ、あーでもないこーでもないと。正反対の意見がぶつかりあって生まれる葛藤を可視化し、女子の生態がリアルに描かれるダイナミックなラブコメだ。

『脳内ポイズンベリー』2015.鑑賞

ジャンル:ラブコメディ
監督:佐藤祐市
出演:真木よう子、西島秀俊、古川雄輝、成河、吉田羊、桜田ひより、神木隆之介、浅野和之、ほか
公開日:2015.5.9/劇場:MOVIX京都

【評価】
期待度……それなりに
満足度……おお?

http://www.nou-poi.com/


≫Next Prev Review



映画レビュー一覧

映画おすすめレビュー|椿屋劇場 京都