cinema



『進撃の巨人 後編〜自由の翼〜』 


おおきに、近頃セロリが万能だと確信している支配人です。

『るろうに剣心』といい、『ソロモンの偽証』といい。なんでこうも、前後編の映画は後半で失速するんでしょうな。観なくてもいいよなんて、レビューで言ってもいいもんかしら。推薦の体を成さないのだけども。ま、いっか。このサイトは大人の事情が関与してないしね!
配役に不足があっても、脚本の構成力やキャラクターの(納得いく)斬新な解釈で、いくらでもリカバリできるもの。『るろ剣』はまさにそのタイプだったが(辛うじて『寄生獣』も)、『進撃』はもう、巨人(全ての巨人を役者が演じているのがいい。樋口作品常連のピエール瀧は、最初のオファーがあったときてっきり巨人役だと思ったとかw)の存在感とリアルさくらいしか、観るべきとこがない。
さらに残念なのが、相次ぐ酷評に監督やスタッフがツイッターでブチ切れた末の炎上騒ぎ。自由に観られなくなったら、娯楽としての映画は廃れるだろうに。

『進撃の巨人 後編〜自由の翼〜』 2015.9.20鑑賞

【評価】
期待度……とりあえず
満足度……あはは!
http://www.shingeki-seyo.com/index.html


≫Next Prev Review



映画レビュー一覧 

映画おすすめレビュー|椿屋劇場 京都